Instagram
Twitter
Facebook

【ボルダリング上達への道】6級の壁

コラム

6級は決して難しいグレードではないので、力のある男性などは初めてでも登れる方も多いのではないかと思います。しかし、6級をコンスタントに、そして美しく登るためには、クライミングの基本的な動き(ムーブ) を習得することが不可欠になります。

以下2点、6級を登るために重要なムーブを紹介します。

これであなたも6級攻略!! コツ&ムーブ

足を使いましょう

ボルダリングを始めたばかりの方ですと、腕を使ってホールドにしがみつくようにしている方がほとんどだと思います。しかし、腕を使って体重を支えているとすぐに腕が疲れてしまうため、重心を落として、足に体重をかけるようにすることが大切です。
まずは掴みやすいホールドにぶら下がってみて、できるだけ体勢を崩さずに足を置き、徐々に体重を足にかけるようにすると、感覚がつかめてくると思います。

ダイアゴナル

例えば、次のホールドを左手でとる場合、取りに行くホールドの対角線上に左足を置き、右足でバランスをとって取りに行くようなムーブです。
これにより、腕の力を使わずに、遠くのホールドを取りに行くことができます。
ポイントは、以下の2点となります。

・ホールドに乗せていない方の足をスメア(壁につけて)してバランスをとる
・腰をひねって(壁に近づけて)ホールドを取りに行く

参考動画

以上のことを意識して、6級の壁にチャレンジしましょう!

コメント