Instagram
Twitter
Facebook

【ジムレビュー】秋葉原のB-PUMP(通称:秋パン)に行ってきた

ジムレビュー

オタク文化の街、アキバで異彩を放つクライミングジム

関東の老舗クライミングジム“PUMP”の秋葉原店へ行ってきました。
秋葉原駅、御茶ノ水駅、新御茶ノ水駅の各駅から5~6分程度と、非常にアクセスのよい立地にあります。

店内の様子

入り口を抜けるとまずあるのが物販コーナー。
シューズをはじめとして、クライミングのウェアやクラッシュパッドなど
非常に数多くの商品を取り揃えています。
クライミング関連のアイテムを買うのであれば、下手に登山用品店を回るよりも、
ここのジムをチェックした方が早いかもしれません。

さて、肝心のクライミングエリアはというと
初心者~初級者向けの1F、初級者~上級者向けの2F、そしてやたらとムーディーな3F、そしてさらに2017年夏に増設されたばかりの4F+屋上の4フロアに分かれています。

1F



イントロダクションでよく使われている一階のスラブand垂壁。ここからはじめたクライマーは数知れず!?

2F


メインエリアともいえる2Fは、緩傾斜に強傾斜、タワー壁と、さまざまな角度の壁にバリエーションの豊富な課題が設定されています。
個人的にはここだけで丸1日以上遊べます。

緩傾斜だけでもこのバリエーション!

強傾斜はやはり上級者に人気のようです。

3F


初めての方におすすめしたいのが、3Fです。
壁の一部が光るブラックのウォールで、ムーディなクライミングを体験できます。初めてのクライミングであまり長時間登れないという人でも、飽きずに楽しむことができます。



2017年に増設されたエリア。
持ちやすいホールドが多いと思いきや、バランシーな中・上級課題もありました。

広々としたルーフエリア。
これぐらいの規模のルーフはなかなか珍しいと思います。

ルーフの反対側には初心者向けウォールもあります。

4F


4F/屋上も増設されたエリアになります。

トラバース(横移動)の長物が初級~上級コースまで設定されています。
横の重心移動と持久力のトレーニングならココ!

そしてトラバースウォールの反対側には

屋上が

あります。
独特の形状を活かしたダイナミックな課題が多いみたいです。
天気のいい日は屋上でのクライミングが気持ちいい!

最新のホールドや今時の課題が多く、クライマー達に人気のジムですが、広くてアクセスもよいため、初心者の方も多く登っています。ビギナーレッスンも頻繁に行われているので、ボルダリングデビューにはうってつけです。

総合レビュー

広さ ★★★★★
グレード感 ★★★★☆
アクセス ★★★★☆
課題傾向 最新のホールドを使った今どきの課題が多い印象
その他 充電に使えるコンセントありました。

以上、秋パンのレビューでした!

コメント