Instagram
Twitter
Facebook

【クライマーの靴下事情】 クライミングソックスってどうなの?

クライミングソックス01 グッズ

急増する靴下クライマー

ここ数年くらいの話でしょうか?
クライミングする時に靴下を履く人、増えてきましたね。
一昔前まではクライミングシューズは素足で履くのが一般的でしたが、クライミング専用の靴下『クライミングソックス』の登場で一気に靴下を履いてクライミングをする人が増えたように思えます。
いつの間にか、私の通っているジムでは素足クライマーの方が少数派になっていました。
みなさんの周りではどうでしょうか?

個人的には、
「履いていて違和感がありそう」
とか
「わざわざクライミング用の靴下を買うのがメンドい」
なんて思っていましたが、ここまで履いている人が多いとその存在が気になってきます。

ということで、今回は『クライミングソックス』について履いてみた感想とかいろいろ書いてみました。

クライミングソックスとは?

クライミングソックス02
クライミングソックスとはクライミング専用に開発された靴下のこと。
普通の靴下との主な違いはこんな感じです!

○生地が薄い→ピッタリしていて中でシワがよらない
○滑りやすい素材→シューズがきつくても足を入れやすい
○縫い目が少ない→縫い目が当たって痛くならない

続いて、メリットとデメリットをお伝えします。

ソックスを履くメリット
汗を吸ってくれるので衛生的、シューズの悪臭予防にもなる
直接足がシューズに当たらないので、靴擦れやタコが出来にくい
ソックスを履くデメリット
シューズがきつくなる
足裏感覚がニブる

などが挙げられます。

買ってみた

クライミングソックス03
今回試してみたのは上の写真のモデル。
ROCKMASTERの『ロックソックス』
メーカーのサイトによると

○抗菌防臭機能が期待できる「ドラロン®」という素材を使用
○極細繊維を薄手の生地に織りクライミングに必須の繊細な足裏感覚を損なわない
○つま先部分に縫い目が出ないリンキング製法により、つま先からかかとまで高いフィット感
なのだとか。

確かに、クライミングソックスといえばコレ。というくらいショップでもよく目にするアイテムです。

クライミングソックスレビュー

クライミングソックス04

汚い足で申し訳ありません。。(笑)
ここからが本題、実際に履いた感想をお送りします。

履いてみた

靴下を装着してシューズに足を通してみた感じですが、特に引っかかることなく、滑るようにシューズに収まりました。
足入れは良好です。
ですが、靴下の厚み分キツくなっているので多少窮屈です。
それとキツさとは別に、今まで素足だった自分にはやはり違和感を感じてしまいます。

登ってみた

スラブ、垂壁から強傾斜まで一通りの壁を登ってみました。
最初はやはり違和感を感じていましたが、だんだんと馴染んできたように思えます。

肝心の足裏感覚ですが、慣れてきてしまえば素足とほぼ変わらないように思えます。
(まあ、僕レベルの話ではありますが、、)
後日、ジムよりも足がシビアな外岩で試してみましたが、完登済みの課題は登れ、ダメな課題はダメ。
特に成果が変わるようなことはありませんでした。
感覚的な部分なので個人差はあると思いますが、ソックス有りと無しとで致命的に足裏感覚が鈍るということは無いのではないでしょうか?

嗅いでみた

一番効果があったのはここ。
シューズが臭くならない!!
別に、僕の足の匂いが酷いというわけでは無いハズですが、素足の時より全然匂いませんでした。

まとめ

というわけで、履いてみた感想をまとめてみました!

○慣れてしまえば、足裏感覚は気にならない。(個人的には)
○足の匂いが気になる人には超オススメ!
○キツくなるから、シューズを買う時は靴下を履いてサイズ合わせを。

、、以上です!
最初は違和感がハンパなかったクライミングソックスですが、慣れてみるとなかなか良いものですね。
私もこれからは靴下クライマーとして新たなスタートを切りたいと思います!

コメント