Instagram
Twitter
Facebook

【ジムレビュー】Base Camp飯能店に行ってきた

basecamp_hanno_img ジムレビュー

飯能市にオープンしたベースキャンプの3号店へ

Base Campといえば世界の”Yuji Hirayama”がプロデュースするクライミングジムとして有名ですが、その3号店が2019年2月に埼玉県の飯能市にオープンしました。
飯能市は埼玉の外れ(失礼m(_ _ )m)といった印象ですが、ジム自体は飯能駅から徒歩3分とアクセスしやすい立地にあります。

レビュー

外観

Basecamp_hanno_01
テラスもあってカフェっぽいおしゃれな外観。
駐車場も広いので停める場所に困ることはなさそうです。

受付

Basecamp_hanno_02
入り口のドアをくぐると左手に早速受付があります。

ショップ

Basecamp_hanno_03
チョークやチョークバッグにTシャツまで、物販も充実しています。
個人的にイチオシのチョークバッグメーカーcxm(シーバイエム)の取り扱いがあるなど、期待の新星!?的なブランドやアイテムを取り扱っている印象でした。

フロア

Basecamp_hanno_04

Basecamp_hanno_05クライミングスペースはとにかく広々!
ワンフロアながら敷地面積で245坪あるとのことで、初心者向けのウォールから各傾斜壁にルーフと一通りそろっています。
Basecamp_hanno_06
休憩スペースも広ーい!

ウォール

Basecamp_hanno_07
Basecamp_hanno_08
ルートはすべてラインセットで、ボリュームやまだ他のジムにはないような最新のホールドがたくさん使用されています。
コンペみたいでワントライに気合が入ります。

Basecamp_hanno_09
画像左:squadraholdsの圧倒的存在感!
画像右:スラブ&垂壁はすべて赤いホールドでセットされていました。

Basecamp_hanno_10
ジムの一番奥にそびえるルーフ壁。(そういえばルーフってジムの奥の方にあること多いですね)
画像だとちょっとわかりずらいですが、ルーフ部分の距離が長く、下から上までガバで登るだけでも5級以上にはなりそうです。

Basecamp_hanno_11
初心者向けウォール。
3級まであるので、中級以上の方でも楽しめそうです。スローパーやカチも容赦なく使われています。

Basecamp_hanno_12
壁のネーミングがユニークで気になりました。
アクション俳優縛りかと思いきやそうでもなく。どんな意図があるのでしょう?

Basecamp_hanno_13
充実しすぎのトレーニングウォール。
まともに向き合ったらあっという間に2時間くらい過ぎそう。。
ここを使うためだけでも通う価値ありそうです。

ファシリティ

Basecamp_hanno_14
更衣室とトイレ&洗面台です。とても清潔感がありました。

Basecamp_hanno_15
カフェスペース。
陽の光が入るように設計されていて、居心地MAXです。天気のいい日は外のテラス席でもくつろげそうです。

Basecamp_hanno_16
恐らく一般のお客さんは使えない謎ルーム。
クライミング界のいろいろなことが話し合われたりするのかもしれませんね。

まとめ

課題、ホールド、壁の形状、広さ、居心地の良さといいところずくしです。課題もホールドも最先端なので、コンペ対策としてもぜひ使いたいジムです。都心部からは少し離れていますが、関東の遠征ならばちょうど行きやすい距離ではないでしょうか。
ちなみに、ジムから車で10分くらいのところに天然温泉があるのでおすすめですよー。
宮沢湖温泉 喜楽里別邸

総合レビュー

広さ ★★★★☆
グレード感 ★★☆☆☆
アクセス ★★★★☆

最先端のホールド&課題という感じです。ムーブが分かると「あれ?いけた」となるようなコツ系、バランス系の課題も割合多かった印象です。

詳しい店舗情報はこちらをご確認ください!

お楽しみ動画

squadra3Q

初体験のホールドだったので、持ち感が分からないせいか(弱いだけか)ムーブが分かるまでに時間がかかりました。

forth1Q

一手一手が核心だけど何回も打ってるうちに気付いたらできるようになってたコツ系1Q。
なんでできるようになったのかは謎。

コメント