Instagram
Twitter
Facebook

【ジムレビュー】遠征先として大人気!山形のFLAT boulderingに行ってきた

FLAT bouldering ジムレビュー

世界基準のセッターが手がける名門ジムへ

例年、The North Face Cupの東北会場ともなっているFLAT bouldering。日本に数人しかいないIFSCの国際ルートセッター資格を持つ、平松幸祐さんがオーナーを務めています。
地方にありながら、関東をはじめ全国からクライマーたちが遠征に訪れる大人気ジムです。

レビュー

外観/駐車場

FLAT外観
クライミングジムによくある倉庫を改装したような外観。
敷地内の駐車場は約5台分とちょっと少なく感じますが、満車の場合は近くの第2駐車場を利用できるとのことです。

フロア

FLATフロア
天高で待機スペースも十分の広々空間! 大きな入り口と窓から外の日差しがたくさん入ってきます。
画像右は遠征組のインスタスポット(?)として有名なツリー。クライマーなら登りたい衝動が抑えられないこと請け合いです。

ウォール

FLATが遠征先として人気がある大きな理由は、壁の形状と課題が素晴らしいことにあると言えるでしょう。”BOTANIX”製の美しい曲面に、豪華セッター陣によって設定されたラインセットの課題は、見ているだけでもわくわくします。

※BOTANIXについて詳しくはこちら
垂壁~緩傾斜

FLAT垂壁

曲面壁

FLAT曲面

強傾斜

FLAT強傾斜

多面壁

FLAT多面壁
こちらは他の壁面とは別に、手洗い場を挟んだ離れ的なところにあります。形状を活かした様々なムーブが引き出されるような課題が多い印象でした。

グレードケース?

FLATグレードちょっと呼び方が分からないのですが、グレードの表記がケース的なものに入って表示れていました。テープとホールドの色や、テープの向きが統一されているあたりにもセンスを感じます。

ファシリティ

手洗い場

FLAT手洗い場

更衣室

FLAT更衣室
クライミングフロアもそうですが、全体的に青と白を基調としたおしゃれな内装です。

まとめ

クライマーならぜひ一度は遠征してでも訪れて頂きたいジム!蔵王温泉も近いので、クライミング以外の観光も楽しむことができそうです。
ご家族や彼氏、彼女の賛同が得られなさそうな場合は、温泉や山形牛をえさにプレゼンしてみましょう!

総合レビュー

広さ ★★★☆☆
グレード感 ★★★☆☆
アクセス ★★★☆☆

ワールドカップや世界選手権で使われるような、その年の基準となる課題が設定されている印象です。IFSCセッターのジム、かつThe North Face Cupの会場にもなっていることから、グレード感も信頼できます。

詳しい店舗情報はこちらをご確認ください!

お楽しみ動画

The North Face Cup 2019 予選課題 1Q

The North Face Cup 2019 予選課題 1Q

コンペで決めたら気持ちよさそうなバットハングムーブ。しかし、そのせいかホールド数のわりにパワーを吸われ、ギリギリの完登でした。

コメント