Instagram
Twitter
Facebook

【ジムレビュー】WhipperSnapperGymに行ってきた

WhipperSnapperGym ジムレビュー

道外からもクライマーが訪れる札幌の名ジムへ

杉本怜選手や小武芽衣選手などワールドクラスのクライマーをも輩出する、実はクライミング強豪地域の北海道!そんな北海道の札幌市にあるのが2014年にオープンしたWhipperSnapperGym(通称 ウィップス)です。
昔ながらのジムが多い中、比較的まだ新しいジムではありますが、道内はもちろん道外からもたくさんの遠征クライマーが集う、北海道を代表するジムです。

レビュー

外観

WhipperSnapperGym外観

受付・待機場所

WhipperSnapperGym受付
受付時に初めてだと「道外の方ですか?」というように聞かれました。それだけ道外からの遠征クライマーも多いということでしょう。

ウォール

WhipperSnapperGym壁面
北海道を代表するジムともいえるウィップスではありますが、実はそれほど大きなジムではありません。壁面積は6面分くらいと少ないわけではありませんが、待機スペースはあまりなく、ジムとしては小さい部類に入ると言えるでしょう。
しかしながら、BOTANIX製の壁面に豪華セッターによる課題セット、関東ではあまり見られないvockの木製ホールドが使用されるなど、個性豊かなクライミングを楽しむことができると思います。

※BOTANIXについて詳しくはこちら

WhipperSnapperGym壁面
ウィップス名物の曲面強傾斜壁。
壁が高く、中盤で傾斜が変わるので、慣れていないとスタミナを消耗します。

ルートセット&グレード

WhipperSnapperGymグレード
私が訪れたときのセッター陣。BaseCampのセッターチームにTSSのCHOKUさんなど、豪華な顔ぶれです。
グレードは日本では珍しくVグレード方式を採用しています。単純に級換算してしまうと少し甘く感じましたが、下(黄色)から6級、5級、4級….と見ていくと、一般的な段級グレード換算に近いように感じました。

トレーニングスペース

WhipperSnapperGymトレーニング
あまり大きいジムではないとは言いましたが、トレーニングスペースは広々!そして充実のトレーニング器具!
分かりやすい写真がないのですが、吹き抜けの2階スペースがあり、ここでストレッチやトレーニングをしたり、クライミングを鑑賞したり、だらだらしたりできます。

その他

WhipperSnapperGymその他
こちらのはしごを上るか、垂壁からのトップアウトで辿り着けます。
ちなみにこちらの扉はトイレです。

まとめ

札幌
北海道にジムなんてあるの!?なんて失礼なことを考えていた本州クライマーの皆さま、北海道にはウィップスが、外岩が、そしておいしい食べ物があります。クライミング的にも観光的にも見どころ満載の北海道にぜひ登りに行きましょう。

総合レビュー

広さ ★★☆☆☆
グレード感 ★★★☆☆
アクセス ★★☆☆☆

課題傾向はテクニカルなものもあるが、核心部分でフィジカルや地力が試される真っ向勝負系が多い印象。コンペチックな課題でもベースはクラシカル。壁もまぶしです。

詳しい店舗情報はこちらをご確認ください!

お楽しみ動画

強傾斜V7

強傾斜V7 未完登
終始フィジカルがきつかったです。ゴール1手前取りで落ちましたが、これを取れる人と取れない人では実力に大きな差があるような気がします。

コメント